アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「中国事情」のブログ記事

みんなの「中国事情」ブログ

タイトル 日 時
最近の中国事情
最近の中国事情 中国は実に雄大なスケールで地殻変動の歴史が残っています。先日訪問した省では、ヒマラヤが出来たその影響で、その並びの山脈が噴火しその火山岩が遠く飛んできたものが堆積し、その直後今度は砂漠から土が飛んできて堆積し、それらが同じ場所に白黒で分かれて見られるのです。それを宇宙から見るとなんとも不思議な地層で驚くばかりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/26 15:39
− タイトルなし −
− タイトルなし − 中国に検品に行きました。日本を出発するとき中国の空港から待機命令が出て、2時間の遅れで飛び立ちました。PM2.5が飛び交って視界不良のために混乱していると推測していました。ところが中国上空は青空、ほっと胸をなでおろしました。では何が原因かと滑走路を眺めると、飛行機の長蛇の列でした。飛行機が大きくないので、一度に多くの人数を運べないのが原因かなと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/04 19:55
中国鉱山事情
中国鉱山事情 中国の石材は鉱山の開発中止とか閉山という情報が入っています。 御影の623が7月で止まるということですが、以前から住宅開発の関係で止まったり動いたりしていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/13 10:27
− タイトルなし −
アジアでは旧正月が今でも主流です。日本では、明治天皇のときから太陽暦に変更して今日の時節がうごいています。 イスラムではイスラム暦があります。今年は2月3日が正月です。 中国石材業界はとても心配をしていることがあります。それは、中国の石材工場労働者がふるさとに帰った後、再び工場に帰ってきてくれるか心配しています。3Kの仕事で賃金が他の職業より安ければ、もう見限って帰ってこない可能性があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/16 16:25
日中関係
日中関係 尖閣諸島問題で政治問題から経済問題に波及し、貿易の輸出入にも100%の検査をするような動きになっており荷物の混乱があります。この玉砂利業界でも混乱が生じています。書類に玉と書いてあるので中国では玉(ギョク)という貴重品があるので全量検査の対象になったりしています。3000元の費用が課せられたりして中国の業者の負担が増えています。 まさか、これがいつの日か日本に請求が振り向けられるとは思いたくないですが。 11月には正常にもどるだろうという予測だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/05 11:18
丹東の洪水
丹東の洪水 8月に丹東市の川が溢れて大きな被害を出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/28 15:39
中国はまだマンションブーム
中国はまだマンションブーム 中国の青島はまだクレーンが溢れておりマンションが建設されています。ただ、車社会を想定した住宅作りではないので、駐車場が完備されていなくて路上に溢れています。広い中国といえど、住まいと駐車場が離れていると利用しにくいので、どうしても自宅のすぐ近くに止めてしまいます。近くに大駐車場が完備されているわけでもなく、混乱のきわみです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/24 11:57
労働法改正から1年
今回の(2008年1月1日)労働法の改正は、いままでの中国企業の労働者の使い捨てという近視眼的な扱いに対して大きく見直しを迫ったということで、大きな変革になっているようです。いままでは従業員の健康保険、年金などはほとんど加入してなかったようですが、この法律の改正で労働者を守る立場に少し動いたようです。一方、労働集約型で人件費が安いので、それをいいことに激安商品の恩恵を受けていた日本ですから、これからはその分価格の高騰をうけなければいけないでしょうね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/08 18:35
納税期限直前の中国政府の方針発表
中国は5月31日が納税の期限。中国政府が方針を発表するのが4月末突然方針を発表するそうで、日本で言う税金対策が出来ないようなやり方で、法人からも個人からも税金を徴収するという。個人個人に納税の目標が割り当てられているという。有無を言わさず税金を確保される。なんとも強引なはなしだが、そもそも、中国には、根拠法がある税目は企業所得税と個人所得税だけで、他の税金は法律改正がなくても政府が通達するだけで実施できる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/23 19:06
中国のアパート
中国のアパート 中国は今でもマンション、アパートの建築ラッシュです。ただ構造が少し違うのはエレベーター環境です。日本は高度経済成長のころの集合住宅は、5階建てまではエレベータがなく、現代ではその階段を上ることが負担で、建て直しが進んでいます。中国では、今建築中のアパートで7階まではエレベーターは付いていません。もちろん高級マンションはありますが、国が提供するような建物はありません。そのために、下の階が高く売れて上に行くほど安くなるそうです。なるほど、価値基準がちがうのです。そして、エレベーター付きのマンションに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/03 18:46
青島の料理
青島の料理 今回は中国の青島から南京経由上海を通過してきました。中国も田舎周りが多いので、田舎料理を食することが多いので、いろいろ珍しいものが口に入ります。今回は、さそりの子、蜂の子、芋虫、蚕の幼虫などがありました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/03 18:30
板材の新商品
板材の新商品 この建築不況で建築石材にかかわっている会社、職人さんはどこも苦戦が強いられています。こんな時だからこそ、新しい色合い、柄で元気になりたいものです。建築は、好奇心と創造性ですね。 中国からは、まだまだ新しい商品が開発されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/11 15:23
一人っ子政策
青島に行ってきました。空港の入出国も非常にスムーズでマニラ空港とえらい違いです。関空が一番スムーズということですが、それに匹敵ですね。今回出会った家族は子供が二人いました。国営企業に勤めているひとは一人っ子を厳しく守っていますが、罰金を払っても二人がいいとのことでした。 古い住宅を壊して新しいアパートを建設中で、たくさんの建物が途中でした。夜になると、明かりがなく、まだ空き部屋が多いとのこと、投資で購入しているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 17:29
「韓国企業中国から逃げる」について
「韓国企業中国から逃げる」について では日本企業はどうするかというと、合弁している企業が多いので、やめるに簡単にやめられない。財産を放棄するしかないともいわれています。 中国とすれば沿海部にある工場を内陸部に移して貧富の格差をなくしたいという要望があるのですが、港、インフラの環境が十分でないので簡単に移れるものでもありません。安い人件費をあてにした商品だけでなく、付加価値のある商品を作っていかないと中国でのメリットがうまれてきません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/19 08:45
韓国企業中国から逃げる
昨年末中国政府が海外資本の企業に対して法人税の値上げを施行した。それに伴い、韓国のある企業は夜逃げしたという。これは中国では伝え聞く話ですが、大原浩さんという方が書かれた本では、具体的な数字が出ているので参考になると思います。夜逃げする韓国とだけ聞けば、労働者がかわいそう。韓国人はなんてひどいことをするんだ。という感情的な意見になるのですが、大原さんの本を読んでみると、制度が不十分ということのようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/23 18:06
中国の人件費高
ここ最近の中国製品の高騰は大変なものです。中国には都市に住む人の戸籍(城鎮戸口)と農民の(農村戸口)とがあり、自由に住まいを換えて籍を移すことは出来ません。日本でも戸籍制度があります。古くは中国の戸口(戸籍)と同じ流れでしょうね。 現代では中国のこの戸口ゆえに年金や学校教育までにも差別が生まれてくるために、地方から働きに来た労働者には、年金や医療保険を別口でつける企業もあるために、こういったことを含めると人件費は日本人が考える以上に高騰していると思われます。 中国での結婚は、両者がたまたま上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/28 11:40
上海のビル郡
上海の高層ビル群の建設はまだまだ続きそうですが、外側から見ると立派なのに、建物内の階段側を見て驚きました。ゴミとか工事半ばのような状態でビルは数年たっていて、普通に生活しているのです。 元上海の総領事の書いた本にもありましたが、ビルを建てることもさることながら、それらの維持をすることの難しさを考えると、少し課題が残るんではないかということのようです。メンテナンスをするような設計には到底見られないようなデザインが多く、エレベーターも少ないので高層ビルのエレベーターラッシュとなり、そこだけで時間待... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/28 10:56
中国政府の知恵
中国政府の知恵 今回中国に行き面白い領収書をもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/26 18:50
中国製問題
中国上海に行ってきました。中国は広い。ちょっとそこまでが、1000kmなので日本の地図縮尺で同じ間隔で計ると驚いてしまう。なんでこんな奥地で貨物船が運航されているのかと調べてみると、川幅1km、2kmが当たり前、なるほど、これなら日本の明石海峡より広い。こんなスケールに間隔が麻痺してしまう。 今回、中国製品についての話題がでました。中国では日本に輸出する業者間の争いが激しく、ダメージを与えて、蹴落とそうとすることがよくあるそうです。そのために、中国の会社自身が検査をしっかりやっていることが多い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/26 14:40
品質向上
あっという間に1月が終わってしまいました。またまた、中国の食品問題が起きてしまいました。どこの国でも起きていますが、国境を越える意識、人間関係を構築しないといけませんね。いろいろな壁を越えて協力していきたいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/02 11:43
中国人件費
中国の工場労働者の給料がだいぶ値上がりしています。工場によっていろいろあるでしょうが、石材工場では北部では700元から1000元でしたが、今では1200元が普通のようです。南部では2000元から3000元ということですから人件費の高騰はすさまじい状況です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/24 11:11
中国道路事情
燃料の価格が毎月のように値上がりしてこまってしまいます。 中国でも国内の輸送にトラックをたくさん使いますが、以前のように「積めるだけ」という やり方でコストを抑えることは難しくなるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 18:09
中国製品
最近のニュースで中国製品の安全性を問う話題が多く取り上げられています。多くの課題を含んでいるので、大変難しいことですが、日本の市場も考え方を改めることが必要です。 たとえば、野菜などは虫が食っていても、キューリ曲がっていても本来なら同じ価値があるにもかかわらず、それを買わない、買おうとしない選択をする人々が多くいるということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/19 13:45
− タイトルなし −
中国社会の急速な発展で商品の値上げ通達が言われています。しかし、どうもまだ十分独自の原価計算をしている気配がないので、回りの状況により価格が決まっているところが多いように感じます。経済環境が整うまでにはまだ数年かかるでしょうから、日本の必要とされる商品価値をしっかりと伝えてそれに合わせてもらえるようにしなければならないでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/26 10:53
− タイトルなし −
 中国の砂がいよいよ輸出禁止されます。下記はジェトロに記載されていた内容です。 石材にしても原石に近いものは税金が掛かり、加工品は無税で商品一つ一つに判断が異なります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/17 09:47
値上げの風
中国の石材で墓石の値上げをどうするか、各メーカーでいろいろのようです。最近は中国は加工工場になっているために。インド材、アメリカ材、アフリカ材、南米材などそれらの商品は含まれるのか、あるいは中国産地によっても上げるところ、上げないところと、周りの様子を伺っているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/12 11:36
文化模様
日本は島国のために、国境を中心とした緊張感のある生活感はなじみが薄いと思います。 いまや、一国だけでは経済が成り立たないので、地球の国々すべてと相互理解を持ちながら生活をすることが不可欠となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/21 17:19
− タイトルなし −
中国で増値税についての見直しがなされた。従来の原材料に対する輸出振興策は廃止して二次製品などを奨励するような対策の一環である。 12月14日までで廃止され15日から実行される。日本の石材産業にどんな影響がでるのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/12 19:12
彩光石
7月 今回の大雨は日本も大変な状況ですが、中国、韓国でも大きな災害に見舞われています。 玉砂利の工場も水に浸かり予定の出荷ができなくて困っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/24 17:16
2006年
3月に中国の南京に行ってきました。ここには長江が流れており、重慶、武漢、南京,上海と流れてきます。この川には1968年に中国独自で建設した長江大橋があり中国の誇りとしていました。この橋は、この大都市に3つそれぞれ架けられておりますが現在問題となっていることがあります。それはその高さにあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/16 12:09
2006年
2006年4月 [北京 3日 ロイター] 新華社が3日報じたところによると、中国が貿易摩擦増大による圧力を受けるなか、中国税関総署の牟新生・署長は、今後5年間に労働集約型の輸出製品削減を推進する方針を示した。  それによると同署長は、輸出を廉価な大量生産品から徐々にシフトするという同国の公約を繰り返し、労働集約型の製品輸出と高付加価値の機器・エネルギー輸入の間に存在する不均衡の是正を目指すと述べた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/14 11:19
2006年
3月16日 中国の玉砂利産地は主に3ヶ所ぐらいあります。その中で山東省から産出される白砂利の山の一部が黒っぽい部分が出始めたということで、少々色の変化がおきそうだということです。純粋に真っ白となると、他の産地でないと難しくなりそうです。現在我が社が入れている産地は問題ありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/16 15:17
2006年
中国の人が日本人に対して理解できない習慣。それは{割り勘}中国ならどちらかの人が全部支払うのが当たり前。もちろん日本でもありますが、この割り勘というのは、日本人の平等感というか、人間関係の打算というか、負い目、負債を持ちたくないということではないかと、話しておきました。 1970年ごろ、日本では社会主義の中華人民共和国を理想とあこがれていたときがあるんだよと、話したら、笑っていました。中国の社会主義にあこがれていた時代も、日本人のすべて平等でなければならないという気持ちが中国社会主義を勝手に理... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/11 01:10
2004年
2004年10月 10月末中国に行ってきました。中国東北地方なので、丁度冬の季節に突入した日でした。朝晩は-1度、−5度などぐっと冷え込み1月、2月はー25度くらいまで下がるそうで大変な生活環境であることを改めて感じました。服装は日本の秋の感覚で行きましたので、夜風にあたると耐えられない寒さであり、鍋物が恋しいと叫びたい気持ちでした。気候により生活環境、人間の生き方、考え方にまで大きな影響を与えます。 勤勉に働かなくても自然の産物で十分に最低生活は維持できる東南アジアの人たち、寒い地方の国は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/07 14:42
2003年
2003年9月 中国の税金に増値税というのがあります中国の付加価値税です。この税金については、いろいろ評判が良くありません。国内税であるにもかかわらず、外国の消費者に課税されているかもしれません。 この税金は、@最終消費者が負担する税金である。A内国税であるということです。但し、最終消費者に課税するために、途中の販売の過程(生産者ー中間業者ー小売店ー消費者)で販売者が購入者より、付加価値税相当額を徴収し、それを代理納付する形を取ります。輸出する業者には、付加価値税が還... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/07 14:40
2003年
2003年4月 中国大連より車で北朝鮮の国境沿いに向かって出発。4月の気候は岩手県と同じで少し寒い位です。市街地は、何時も人道りが多いのですが、雨が降っていて少し寒いせいか人影が少ない。ふとSARS(サーズ)のせいで少ないのかな-と思わされるほどに活気が無い。 翌日は晴れで外を見ると人道りが多く、少し安心。 万里の長城の東の起点という所に観光に行った時の(雨模様)出来事です。万里の長城に登りました(徒歩で30分)。近いと思って登ったら大変な急階段で頂上に着いたら、死にそうなくら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/07 14:36
2001年
2001年2月 今回は初めての訪中でした。印象としては社会主義の国だけれど何が違うのかということでした。 ご主人の汀さんが動くたびに洋服の腕に黒い布切れがヒラヒラしていたので さすがにデザイナーだなと感心していたらなんと、これは丁度汀さんのお母さんが亡くなられて 49日の喪に服している時だと聞き、またまたの驚きでした。 北朝鮮で金主席が亡くなったときも3年間喪に服したことがありますが、社会主義のイメージ では、どうもこれらの宗教的習慣を否定することばかりが先入観としてあったので大発見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/07 14:32

トップへ | みんなの「中国事情」ブログ

isshinj 中国事情のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる